ニキビの種類とその症状

「ニキビ」、思春期の象徴としてもよく使われる言葉ですが、ニキビにもさまざまな種類があるのを御存知でしょうか。例を挙げると、プッツリと白く出来ているニキビを「白ニキビ」と呼びます。毛嚢孔の周囲にある角質が増殖してしまい、正常なら外に出るはずの皮脂が出られなくなってしまいます。出口を失った皮脂は排泄されずに残って毛穴に詰まり、これが白ニキビと呼ばれるものになります。白ニキビの予防対策としては、詰まった毛穴の汚れを取り除くが重要になります。毛穴パックや毛穴シート、スチームなどでのマッサージも効果的です。毎日の洗顔も当たり前のことですが、汚れを毛穴に残さないようにすることが非常に大切なのです。

ニキビの中には「黒ニキビ」と呼ばれるものもあります。白ニキビは皮脂が内側に留まってしまうものでしたが、黒ニキビの場合、毛穴は完全にふさがれるわけではなく、多少開いています。そこから皮脂が少しだけ外に出て、その皮脂に汚れが付いた状態を黒ニキビと呼びます。また、空気に皮脂が触れることで酸化すると黒く見えるのですが、それらも総じて黒ニキビと呼ばれています。黒ニキビも完全に皮脂が外に排出されずに起こるトラブルなので、対処法は白ニキビ同様、しっかりと洗顔をして、肌を清潔に保つことが大切です。

また、「赤ニキビ」と呼ばれるニキビもありますが、これは完全に毛穴が塞がれた状態で起こる肌のトラブルで、皮膚の下にある真皮という最も深い部分が炎症していたり化膿することで出てきてしまうニキビのことをいいます。この炎症や化膿は細菌によって引き起こされるのですが、細菌そのものは外部からやってくるわけではなく、赤ニキビの原因となるこの細菌は皮膚に常在する菌なのです。脂肪を栄養分として生息しているこの菌は外の空気が苦手です。なので、毛穴が詰まれば外気に触ることはなくなり、皮脂が詰まればどんどん栄養分が摂取できるので、菌にとってみれば最高の環境で過ごすことができ、繁殖もしていくのです。菌が増殖すると、肌に炎症が現れ、そして化膿を起こし、赤ニキビが出てきてしまうのです。

ところで、白、黒、赤以外に、「黄ニキビ」と呼ばれるニキビがあります。黄ニキビは赤ニキビと同じく、毛穴がすべて塞がれてしまい、真皮での炎症や化膿が原因となり、外に皮脂が出ずに二次感染する状態をいいます。簡単に言ってしまえば、毛穴の中で皮脂を栄養にして生きる細菌が原因で、肌に炎症が起きるトラブルのことです。白ニキビから黒ニキビへ、更に黒ニキビが赤ニキビにまで進行し、一番悪化したものが黄ニキビと呼ばれることになります。黄ニキビはニキビの中でも最も悪いニキビといえますが、ここまで悪化してしまうと、ニキビが治った後も「ニキビ跡」による悩みが続くことになります。肌が凸凹した状態のニキビ跡は、大人になっても治ることがありまあせん。黄ニキビはしっかりとした治療をおこなわなければ、後になって大変後悔することになります。市販薬ではなく、病院できちんと診察した方が良いでしょう。黄ニキビはニキビの中でも特に重症ということをしっかりと理解しておきましょう。