ニキビが出来た時の対処方法

「鏡をふと見たら突然ニキビが・・・」、「朝は無かったはずなのに・・・」。このようにニキビは前触れもなく突然出てきてしまうものなので、特に女性のみなさんにとってニキビは厄介者以外の何者でもありませんよね。デートなどの大事な外出前だと尚更だと思います。小さなニキビであれば化粧などで隠すことも出来るかもしれませんが、ファンデーションなどの化粧品をニキビの上に塗ることは肌にとって良い事とはいえません。とはいえ、デート時などはニキビを隠したいと誰しも思うもの。本当にニキビは困りものですね。顔にニキビが出ていても、ある程度の年齢を過ぎると、「それは吹き出物だよ」と言われることもしばしば。ニキビの原因には様々なものがありますが、年齢もそのひとつといえるかもしれません。また、原因のなかには女性特有のものもあるようです。

ところで、ニキビが最も多い年齢といえばやはり思春期の頃ではないでしょうか。中学生や高校生のなかにはニキビに悩む人がたいへん多いと言われていますが、みなさんのなかにも思春期の頃を振り返ってみて思い当たる節のある人が多いのではないでしょうか。学生時代は私も含め、私の周りにもニキビで悩む友達が結構多かった記憶があります。思春期の頃のニキビというものは、誰もが経験するもので、ニキビは「青春のシンボル」、「思春期の象徴」などといった言葉もある程です。このように思春期とニキビの悩みは切っても切れない関係にあるのですが、仕方ないものと放って置くのではなく、しっかりとケアすることが大切です。

思春期に出来やすいと言われるニキビ、1、2個のニキビで悩むなら良いですが、酷い人だと顔中にニキビが広がることもあります。いくら青春のシンボルだからといっても、これだけ酷ければ本人も気になりますし、両親はもちろん彼氏や彼女も気にしてしまうでしょう。私にも高校1年生の息子がいるので、普段からニキビの対策についてはアドバイスをします。その甲斐あってか、今のところニキビにはそれほど悩まされずに元気良く学校へ通っています。私や息子は問題ないのですが、酷いの主人で、学生時代はニキビケアもしなかったらしく、今でもニキビ跡が残ってしまっています。主人みたくケアを疎かにしてしまうと、顔に跡がしっかり残ってしまうと言う事を、息子には口が酸っぱくなるほど話しています。

ニキビケアには洗顔が最も良いみたいなので、息子には専用の洗顔クリームを買い与えて、毎日まめに洗顔をさせています。時々、顔にポツポツとニキビは出るものの、数日経てば治ってしまう程度で済んでいます。これが女の子であれば、鏡でチェックしたり、お肌のケアをしたりと美容に関心を持つのでしょうが、男の子は無頓着なことが多いので、その辺りは親御さんが気にかけてあげることが親心だと思います。もしも子供の顔にニキビを見つけたら、ニキビケアについてアドバイスをしてあげると良いでしょう。ニキビが出来るとすぐに触ってしまう子供も多いようですが、そんな事をすればニキビにバイ菌が入り悪化してしまいます。ニキビをいじったり、手で触わることは良くないということをしっかりと教えてあげましょう。