ニキビは潰しても大丈夫?!

もしも顔などにニキビが出来てしまった場合、触ったり潰してはいけないと言われていますが何故でしょうか。昔からニキビを潰してしまうと跡が残ってしまうとされていますが、本当にニキビは潰してはいけないものなのでしょうか。ひょっとしたら迷信かもしれませんよね。今と昔では考え方も違いますし、医学も発展してきているので、なおさらそう思うことがあります。最近、顔に小さなニキビが出た時に、ふとそんなことを思いました。せっかくなので興味があるうちにと、いろいろと調べてみると、ニキビは正しく潰せば大丈夫ということがわかりました。もちろん、その場合にはいろいろと注意が必要になります。

ニキビが出来ているからとすぐに手を伸ばしてしまえば、手に付着したばい菌により悪化してしまいます。また、ニキビの芯だと思われている白い物体ですが、これは毛穴に皮脂が詰まって固まったものです。ニキビの元となるアクネ菌は、この皮脂の固まりをエサに繁殖するため、無造作にニキビを潰すことは、アクネ菌にエサを与えることに繋がってしまいます。こうしたことにならないためにも、正しい手順でニキビを潰すことが重要なのです。

まず、注意しなければいけないことは、ばい菌の侵入を防ぐことです。ニキビを潰すことで毛穴はダメージを受けます。もしも間違った方法でニキビを潰してしまうと、ひどいケースでは毛穴が破れることもあり、ニキビ跡として残ってしまいます。ダメージを受けた毛穴には傷口ができ、そこからばい菌が入ることでニキビは更に悪化してしまいます。さらに、その部分だけでは収まらず、菌が周囲にまで広がってしまえば、ニキビが広範囲で悪化することもあります。やみくもにニキビを潰してしまうと、取り返しのつかないことになってしまうので注意してください。