正しいニキビの潰し方

ニキビを自分で潰すことは大変難しいため、知識や準備も必要になります。方法や手順をしっかりと知っておかなければ、余計にニキビを悪化させることになってしまいます。ここでは、自分で上手にニキビを潰す方法をご紹介します。

ニキビを潰す方法、これはニキビを潰すというよりも、ニキビの中にある芯のような部分を外に押し出す方法です。この方法は、ニキビの初期段階である白ニキビに限って使用できる方法です。白ニキビは、皮脂が溜まり白く見える状態のニキビですが、これを自分で取り除くのが今回ご紹介する方法です。黒ニキビなど、白ニキビよりも悪化した段階のニキビを自分で処理することは、ニキビを余計に悪化させたり、他のトラブルにも繋がる恐れがあるのでやめておきましょう。

それでは手順の紹介に入ります。まず、ニキビの芯を出す道具である面皰圧子(めんぼうあっし)を用意します。スプーンの先に穴が開いた感じのもので、薬局やドラッグストアなどで購入することができます。ピンセット、消毒液、傷口に塗るための軟膏も必要なので用意しておきます。必要なものが準備できたら、手を洗い、雑菌が顔にないように洗顔もしておきます。使用する道具もきれいに洗っておくと良いですね。

全ての準備が整ったら、いよいよニキビを潰します。まず、ニキビに面皰圧子を押し当てて芯を押し出します。芯が出てきたら、ピンセットで掴んで取り出し、その部分に軟膏を塗って菌の侵入を防ぎます。芯を出す時に強く押し過ぎてしまい、肌を傷つけてしまうことがないように気をつけましょう。肌にダメージが残ることでメラニン色素を作ってしまい、それが色素沈着になる場合もあるので、絶対に無理に力を入れてはいけません。それから、毛穴の深い部分が炎症を起こしているような赤いニキビ(赤ニキビ)は潰さないようにします。赤ニキビは潰しても悪化するだけなので絶対にやめておきましょう。潰すのは膿のようなものが白く見えるニキビだけにしてくださいね。