女性特有のニキビ

ニキビが出来てしまうと良い気はしませんが、特に女性からすれば「嫌なもの」以外のなにものでもありませんね。私もニキビを見つけると本当に嫌な気分になります。思春期におけるニキビというのは男の子の方が目立ちますね。たまに学生さんのなかには顔中にニキビが出ている男の子を見かけたりしますよね。こんな事をいうと、思春期というのは女の子よりも男の子の方がニキビは出きやすいといったイメージがあります。しかし、女の子も思春期の頃というのは男性ホルモンが分泌されやすくなり、これが原因でニキビが出来やすくなるといわれています。

男性ホルモンの分泌は副腎が活発になることで起こるのですが、通常よりも男性ホルモンが多く分泌されるのに対して、まだ卵巣が成熟されていない思春期の女の子は、女性ホルモンの分泌量が不足しがちな状態となります。そうなると、女性ホルモンよりも男性ホルモンの分泌量が多くなってしまい、結果的に皮脂腺の活発化に繋がってしまうのです。そしてこれはそのままニキビの発生へと結びつくのです。

それから生理もまた、女性のニキビに関係しているようです。生理時期というのは、黄体ホルモンが卵胞ホルモンの量に対して急激に増加するため、生理前はこのことが原因でニキビが出ることがあります。ほかにも自律神経が不安定になることでニキビが出ることもあります。副腎皮質刺激ホルモンと呼ばれるものが脳下垂体から出ますが、この時に自律神経中枢を介します。そのため、自律神経が不安定になると副腎皮質ホルモンの中の男性ホルモンが増加してしまいニキビが出てしまうのです。