ビタミン不足はニキビの元

ニキビと肝臓の働きには深い関係があり、肝臓をいたわることがニキビ予防に繋がります。肝臓に悪い食べ物といえば、お酒や、揚げ物や油分を多く含む肉類などが挙げられます。そのほかには、たばこも良くありませんね。いま挙げたものが、肝臓に悪影響を及ぼすということは結構知られています。では、食品添加物が肝臓に良くないということはご存知でしょうか。

食品添加物もまた、肝機能の解毒作用を低下させてしまうもので、解毒作用が弱まれば、菌に対する抵抗力も下がることになり、ニキビの原因となる菌も繁殖しやすくなります。特に肌は弱いので、菌の繁殖も活発になってしまいます。ニキビ対策として、食品添加物が含まれる加工品ばかりでなく、できるだけ自然のもの摂取するようにしましょう。お酒に関していえば飲む量に注意すること、出来ればタバコは禁煙したいものですね。タバコの場合、ニキビだけでなく、体にも悪影響を及ぼすもので良いことは何ひとつありません。

肝臓が弱くなると体内のビタミンが不足となり、余分な黄体ホルモンが破壊されず、結果的に皮脂が増える原因となります。皮脂量が急増すればニキビが増えることに繋がります。数あるビタミンの中でもビタミンAの不足は、毛嚢孔の角質増殖に繋がり、毛穴が塞がり易くなってしまいます。また、ビタミンBの不足は、皮脂腺の活動を活発にしてしまい、ニキビが出やすくなること繋がってしまいます。便秘は、本来排泄されるはずの毒素が再び体に吸収されている状態で、毒素を分解する肝臓の働きを無駄に増やすことになります。そして、肝臓の働きでは対処できなかった毒素はニキビという形で皮膚へ出ることになるのです。

では、肝臓の働きが悪くなると、どのような症状が発生するのしょうか。肝臓が悪くなっていると思われる症状がみられたら、ニキビの予防・対策のためにも、肝臓に良い食べ物を摂取するなどのいたわりが必要ですね。また、症状が出たら、大したではないと思わずに病院で診察を受けるのもひとつです。肝臓が弱くなると顔色が悪くなるといわれています。血色の悪い顔色が続く、ニキビやシミが出るといった症状が見られたら肝臓の機能低下を疑いましょう。精神的にイライラする、落ち着きがない、貧血やめまい、疲れやすい、痔になる、肩こりや頭痛が酷い、これらも肝臓が悪くなった場合に見られる症状です。症状が出ることは、体からのサインなので見逃さないようにしましょう。

肝臓が弱くなると他の病気も起こりやすくなります。糖尿病や高血圧、大腸癌や心臓病の可能性も疑わなくてはいけません。体内に取り入れた糖分が代謝されるためにはビタミンB群が使われますから、スイーツなど甘い物が好きな人は、糖分の摂り過ぎに気をつけましょう。糖分の過剰摂取は肝臓に良くないだけでなく肥満にも繋がるので要注意ですよ。