ニキビに良い食べ物・悪い食べ物

背中のニキビに対する予防方法として挙げられるのが、食べ物による予防方法です。これは普段からの食事に気をつけるだけで良いので、誰でも気軽にチャレンジできると思います。ニキビと食事の関係についてはご存知の方も多いかもしれませんが、顔のニキビ同様に、背中のニキビもまた、栄養のバランスが大切となります。顔にしても背中にしても、ニキビ予防の基本は体内から改善することだと思います。

さて、背中のニキビ予防に効果のある食べ物にはどのようなものがあるのでしょうか。ニキビに悩んでいる人で、ニキビに効果のある食材が分かれば積極的にそれを食べますよね。ニキビに効果的な栄養分は、ビタミンA、ビタミンB2、そしてビタミンCです。皮脂分泌をつかさどるビタミンB6も効果がありますね。ニキビ対策として摂取したい食材としてはレバーが有名ですが、牛乳や干しシイタケ、ホウレンソウ、焼き海苔、ワカメ、卵、サバなども摂取した食材です。酵母にも多くのビタミンB6が含まれているので、これらの食材をできるだけ食事に取り入れるようにしましょう。こうしてみると、日本食によく使われる食材が多いようなので、ニキビには洋食よりも和食の方が効果的ということがいえますね。ところで、ビタミンB2には脂質の代謝を抑制する働きがあり、これはニキビにとても効果があります。ビタミンB2含む食材には、レバーや酵母、牛乳、ホウレンソウ、焼き海苔、干しシイタケ、ワカメ、サバ、卵などがあり、これらはビタミンB2とビタミンB6の両方を同時に摂取できる食材なので覚えておきましょう。

その他にビタミンB2を多く含む食べ物には、ハマグリやアサリなどの貝類、牛肉、ウニ、ワカサギ、青豆や味噌、納豆などの大豆食品、トマト、キュウリ、かぼちゃなどが挙げられます。これらの食材は、ニキビ予防として積極的に食べたいものです。

バターや卵、牛乳、うなぎなどに多く含まれているのがビタミンAです。ビタミンAは、かぼちゃ、トマト、にんじん、春菊、小松菜などの野菜や、みかん、桃、ビワ、バナナ、イチゴなどのフルーツにも含まれています。

ビタミンCが摂取できる食材には、レモンやオレンジなどの果物、トマト、ニラ、キャベツ、レタス、小松菜、春菊、アスパラ、白菜、大根おろし、ネギ、牛乳などがあります。レンコンやゴボウ、人参、ニンニク、イチゴ、柿、青豆なども代表的な食材です。こうして食材を挙げてみると、大抵の野菜はニキビに良いといえますね。

今度は逆に、背中のニキビにあまり良くない食べ物を挙げてみましょう。ケーキ、チョコレート、アイス、ナッツ類、揚げ物、おせんべい、焼肉などが挙げられますが、女性のみなさんの好きそうな食材が多い感じですね。私の場合にはチョコレートを食べるとニキビがすぐに出るので、チョコレートは極力控えるようにしています。

ニキビに良くない食材だから食べてはいけないというわけではなく、出来るだけ少量に抑えることが、ニキビ予防もしくはダイエットに繋がると思います。もちろん食べ過ぎはNGです。