ニキビ跡とケミカルピーリング・ビタミンC誘導体

レーザー治療、ヒアルロン酸の注入などのほかに、「ケミカルピーリング」と呼ばれるニキビ跡、クレーターの治療方法があります。「ピーリング」は、エステでもよく使われる方法なのでご存知の方も多いと思いますが、ピーリングとケミカルピーリングはちょっと違うものです。

ケミカルピーリングは古い角質を、フルーツ酸を利用して剥がす治療法です。人工的に古い肌の角質を取り除いたあとは、肌が再生する力を使うので、治療というよりは自然治癒力を高めると言ったほうが正しいかもしれませんね。この治療方法では、無理やり古い角質を剥くため、肌にダメージが残ります。ですから、特に敏感肌の人にはおすすめできない治療方法といえます。

ところで、コラーゲンを取ることがニキビ跡には効果的ということは有名で、「お肌にはコラーゲン」という言葉もよく耳にしますね。ニキビの跡が残った皮膚の真皮組織はダメージを受けているので、それを活性化することでニキビ跡が回復します。真皮組織はそのほとんどがコラーゲンで作られています。手っ取り早くコラーゲン摂取する方法としてサプリメントなどが思い浮かびますが、コラーゲンを摂取すると体内でアミノ酸に変化して体の隅々に運ばれます。何だか良い感じに聞こえますが、これではコラーゲンが集中してクレーターの部分に運ばれません。

そこで、クレーター部分に効果的に作用させるための「ビタミンC誘導体」と呼ばれる美容方法が存在します。皮膚の上から作用さることでニキビ跡部分のコラーゲンを生成する方法なのですが、現在注目されている美容方法となっています。